2010年03月01日

【新・関西笑談】世界で一つだけのパンを(2)(産経新聞)

 □「ブランジュリ タケウチ」 竹内久典さん

 ■バトン、サイコロ、まん丸…「どこにもないパン」で驚かせたい。

 −−パンの形、ちょっとユニークなものが多いですよね。思わず握り締めたくなるような、運動会のバトンみたいな形だったり、3、4センチの正方形で長さ30センチのレーズンパンだとか、さいころみたいなパンとか。変わってますよね。お客さん、びっくりしませんか

 竹内 ええ、バトンやレーズンパンは、最初、「これ、どうやって食べるの?」とずいぶん聞かれました。

 −−そうでしょう。まさか節分の巻きずしみたいにまるかじりするわけにもいかないし(笑)

 竹内 バトンは、クルミを練りこんだロールパンのようなもので、フランスで型を見つけました。こちらを最初に販売したのですが、その隣に、四角くて細長いパンがあればおもしろいだろうな、と思いついて、3種レーズン入りのパンを考えました。型は特注です。サイコロみたいなパンは「アールグレーのクリームパン」のことなんですけど、これはフランスの「マルセイユせっけん」から思いついたんです。

 −−せっけん?

 竹内 雑貨屋さんで真四角のマルセイユせっけんが積んであるのをみて、「パンにしたらおもしろいだろうなあ」と思ったんです。食パンみたいに大きなものじゃなくて、一口で食べられるもの。思いついたときにすぐ、手元にあった雑誌の表紙を切り抜いて、自分で小さなキューブを作ったんですよ。口に入れてみようとしたらちょっと大きかったので、小さくしていって、6センチ角の形に落ち着いたのですが、なかなか型を作ってくれるところがなくて。

 −−そりゃそうですよね。他のパン屋さんではちょっと見かけませんし

 竹内 やっと1軒みつかって。でもそれで焼いてもただの小さな食パンなのでつまらない。もっと驚かせたいなと思って、クリームパンにしようと。もっと面白く、と思って、紅茶でクリームを炊きました。

 −−形にびっくり、中からはクリーム、おまけに紅茶の香り、とびっくり3連発

 竹内 できたときはほんとにうれしくて。「どうやっ」、という気分で並べました。お客さんが「えー、これクリームパン?」と驚いている声が聞こえてきたとき、本当にうれしかった。

 −−いろんな形のパンを作り出す、ということは、特注の型を相当たくさんお持ちなんでしょうか

 竹内 倉庫に山のようにありますよ。

 −−いくつぐらい?

 竹内 うーんと、たぶん、50じゃきかないですね。

 −−特注だから、高いですよね

 竹内 高いです。でも、中には1回も使ってないものもいっぱいあります。試作してみたら、イメージとちがったり。

 −−型マニアの竹内さんの要求に応えてくれる型屋さんは、何軒かあるんですか

 竹内 今は東京と大阪に2軒あります。でも型屋さんではできないこともあるんです。球のような、まん丸のパンを作ろうとしたときは、尊敬している鉄工所の方に頼みました。

 −−型との出合いは、パン作りには重要ですか

 竹内 ぼくは、どこにもない形のパンを作りたい、と思っています。形だけじゃないなあ。ぼくは店をもったときから、ずっと、「どこにもないパンを作りたい」と思い続けているんです。(聞き手 岸本佳子)

【関連記事】
谷川真理さん監修の「ランナーズごはん」発売へ ローソン
ホームベーカリー 1台2役、3役機種が主流
ミヨシ油脂、山パン・日清オと提携
バーガー大手2社 ホットドッグで“ホット”な価格戦争勃発
「農業の将来ビジョンを」 生源寺真一・東京大学農学部長

「日本一早い」ハウスで桃の花見 山梨(産経新聞)
外国人参政権法案「議員立法を用意」 民主・川上氏(産経新聞)
<鉄道マニア>線路内立ち入りで大阪府警が実況見分(毎日新聞)
「九州新幹線博多駅」ホーム、3月31日お披露目(産経新聞)
<沖縄震度5弱>女性2人が軽傷 水道管破裂や倒木も(毎日新聞)
posted by 西野 憲一 at 10:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。