2010年01月26日

地球生きもの委員会設立へ(産経新聞)

 環境省は19日、生物多様性の保全活動を進めるため「地球生きもの委員会」を25日に設立すると発表した。今年が国連が定める国際生物多様性年であり、10月に名古屋市で生物多様性条約締約国会議(COP10)が開かれることから、記念行事などを通じて国民に生物多様性への取り組みを促す。

 メンバーは岩槻邦男・東大名誉教授や山岸哲・山階鳥類研究所長や歌手で国際自然保護連合(IUCN)親善大使のイルカさんのほか、日本経済団体連合会や経済同友会、日本商工会議所など経済界からも参加する。

 25日には、委員会設立にあわせ新たに「地球いきもの応援団」のメンバーになる歌手の土屋アンナさんや女優の中嶋朋子さんらが出席、自らが生物を守るために何をするかを宣言する予定だ。

【関連記事】
生物多様性 「50年までに現状以上へ」 COP10 日本案を提出
イノシシ捕獲5000頭超 栃木県保護管理計画素案 県民の意見募集
天然記念物シマフクロウを守れ 「国際生物多様性年」スタート
ツシマヤマネコを保護 対馬・下島で数十年ぶり
「ジュゴンの生息環境を破壊」 米環境団体が普天間移設撤回を要求

アザラシひょっこり、旭山動物園に「流氷広場」(読売新聞)
免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初(産経新聞)
<災害復興学会>防災研究者らが避難生活ガイド(毎日新聞)
<バンクーバー五輪>にぎわうリンク 早くも祭典ムード(毎日新聞)
<政府経済見通し>13年連続「名実逆転」閣議決定(毎日新聞)
posted by 西野 憲一 at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。