2010年04月21日

会社員の男ら4人逮捕=遺棄容疑、3人不明事件−長野県警(時事通信)

 長野市の男女3人が行方不明になり、愛知県西尾市の資源置き場から遺体が見つかった事件で、長野県警長野中央署などは15日未明、死体遺棄容疑で長野市真島町、会社員伊藤和史容疑者(31)ら4人を逮捕した。県警によると、4人のうち一部は容疑を認めているという。
 県警は、発見された遺体の1人を、3月下旬に捜索願が出されていた同市真島町の会社経営、金文夫さん(62)と断定。残る2遺体は金さんの息子夫婦とみて確認を急いでいる。
 逮捕されたのは、ほかに同所の会社員松原智浩(39)、同市吉田の同池田薫(34)、西尾市熊味町の自営業斎田秀樹(51)の3容疑者。
 捜査関係者によると、金さんは建設会社などを経営しており、伊藤、松原両容疑者は住み込みの従業員だった。池田、斎田両容疑者も金さんと面識があったという。 

<児童買春>男児ポルノを摘発 専門サイト主宰の男逮捕(毎日新聞)
資料なき大極殿、和の匠と学者の挑戦 平城遷都1300年(産経新聞)
日本から韓国へ鯨肉密輸? =米研究者ら調査チームが指摘(時事通信)
【アニマル写真館】ゴマモンガラ 和歌山県立自然博物館(産経新聞)
明石歩道橋事故 妻の墓前に報告「必ず結果出る」(産経新聞)
posted by 西野 憲一 at 09:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

雑記帳 愛称は「米子鬼太郎空港」(毎日新聞)

 米子空港(鳥取県境港市)の愛称が7日、境港出身の漫画家、水木しげるさん(88)の作品にちなんで「米子鬼太郎空港」に決まった。愛称も含め、妖怪の名を冠する空港は全国初。

 同空港の昨年度の搭乗率は、東京便64%、名古屋便43%などで低迷。行政や地元企業でつくる団体が、注目を集めて客の利用につなげようと愛称を考えた。観光パンフレットなどに掲載しアピールしていく。

 同空港では昨年末、空飛ぶ一反木綿に乗った鬼太郎像も空港ビルの前に登場。関係者は「落ちない妖怪にあやかれば、利用拡大は間違いなし」と期待を込めた太鼓判。【小松原弘人】

【関連ニュース】
注目リリース:ポニーキャニオン、アニメ「悪魔くん」のDVD BOXを発売
注目ドラマ紹介:NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」松下奈緒が水木しげるさんの妻に 午前8時放送
こち亀:亀有で「ダブルピース両さん像」に麗子、中川銅像8体 「まだキャラ300人いる」
三平像:伝説の河童、また1体 水木しげるさん作品、米子・旧加茂川沿いに /鳥取
タクシー周遊プラン:「ゲゲゲの女房」巡り、4割引き−−米子市観光協会 /島根

ライター部品か、金属片二つ発見…4児焼死(読売新聞)
療養病床の平均在院日数、前年同月比6.5日増―病院報告(医療介護CBニュース)
介護保険Gメンで不正請求10分の1に―東京都豊島区(医療介護CBニュース)
進次郎氏も三原じゅん子を歓迎「しごきはボディーに」(スポーツ報知)
海洋観測装置に不具合=一部データ取得できず−気象庁(時事通信)
posted by 西野 憲一 at 15:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

邦人死刑通告 中国首相に懸念表明 菅副総理「厳しい判断」(産経新聞)

 【北京=川越一】日中財務対話のため中国を訪問している菅直人副総理・財務相は3日、北京の中南海で温家宝首相と会談し、中国側が麻薬密輸の罪で死刑が確定している日本人4人の刑執行を通告したことについて懸念を表明した。

 菅副総理は、麻薬犯罪に厳罰で臨む中国の姿勢に理解を示しつつも、「日本の基準からすると罰則が厳しいと思う人が多い」と述べ、死刑執行の判断に異を唱えた。

 これに対し温首相は「(死刑は)中国の法律に基づくもので、持ち込もうとした覚醒(かくせい)剤は何千人もの命を危険にさらす。重大な犯罪だ」と主張。比較的抑制的な態度で臨んでいるとして、理解を求めた。

 日本政府が懸念を示しても、刑の執行が取り消される可能性は極めて低い。昨年12月には、ブラウン英首相らによる減刑嘆願にもかかわらず、英国人に対する死刑が執行された。

 同じ時期、ベトナムの裁判所が、大麻約8トンの密輸を企てた中国人の男5人に死刑を言い渡した。その際、中国のインターネット上には「中国自身、死刑制度があるのだから、ベトナムに対しいかなる抗議もできない」「法律は政治の干渉を受けるべきではない」などの意見が寄せられた。中国としては、死刑制度が存在する日本には抗議する権利がない、という論法になる。

 また、3月下旬に中国産ギョーザ中毒事件の容疑者が逮捕されたことについて、菅副総理は、真相解明が日本国民の中国製食品に対する信頼回復につながると指摘した。温首相は、自ら直接、食品安全問題に取り組んできたと強調。日中両国で合意した「食の安全」に関する閣僚級協議の枠組みづくりを進めたいとの意向を改めて示した。

【関連記事】
「執行やめてほしい」 中国の日本人死刑通告で福島氏
日本人死刑通告 極刑判決の妥当性に疑問
新たに日本人3人の死刑執行へ 中国政府が通告
中国、麻薬密輸邦人の死刑執行へ 国際世論より国内事情優先
中国での麻薬密輸邦人の死刑「大変残念」 首相

国民新、参院選で3人公認(産経新聞)
<自民>園田氏の後任に河野氏(毎日新聞)
<日米密約>検証委と異なる「私見」春名委員(毎日新聞)
後発品使用促進に「著しく水を差す行為」―日薬が大洋薬品に要望書(医療介護CBニュース)
自白の裏付け不足を自己批判…足利事件で警察(読売新聞)
posted by 西野 憲一 at 21:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。